保険診療でケース毎に大体の料金を提示いたします。
あくまでそれぞれの病気単独で存在した場合の料金ですので、他の病気が重複して存在する場合には別に料金がかかりますので、ご注意下さい。
また、診療を受けた時間、基礎疾患の有無によっても変化します。詳細はスタッフにお尋ね下さい。

case

01

神経までいかない中等度のむし歯があり(対象の歯1本)、
白い材料で元通りにする場合(治療回数約2回)

病名 : 右上5番C2

1日目

初診
歯科疾患管理料+文書提供加算
X線(D)デジタル(電)1枚
即時充填形成
CR充填 複雑

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約2,500円
  • 約900円

2日目

再診料+明細書発行体制等加算
研磨

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約500円
  • 約200円

お支払い金額の合計は自己負担3割の方で約3,000円、1割の方で約1,100円になります。

むし歯が神経までいって無い場合、コンポジットレジン(CR)という白い材料で修復をします。
金属を使って修復する事もできますが、最近はコンポジットレジンを選択される患者さんが多いようです。
初診の段階で他の病気の治療(歯周病や義歯の調整等)を同時に受けた場合はその分加算されますのでご注意下さい。

case

02

既に痛みがでている歯の神経に達する大きいむし歯の治療(治療回数3回以上)

病名 : 左上4番 C3急化Pul

1日目

初診
X線(D)デジタル(電)1枚
抜髄 2根管
ロキソプロフェンナトリウム錠60mg 1T 疼痛時
処方
調剤(内服・頓服)
薬剤情報提供

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約2,400円
  • 約800円

2日目

再診+明細書発行体制等加算
歯科疾患管理料+文書提供加算
EMR
X線(D)デジタル(電)1枚 作業長確認
根管貼薬処置 2根

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約1,200円
  • 約400円

3日目

再診+明細書発行体制等加算
根充 2根
加圧根管充填処置
X線(D)デジタル(電)1枚 根充確認

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約1,200円
  • 約400円

ここまでで神経の治療は終了です。

お支払い金額の合計は自己負担3割の方で約4,800円、1割の方で約1,600円になります。

この先まだ歯に穴ぼこが空いているので歯の形に戻す治療が必要になります。通常は土台作り(支台築造)の後に上物を入れる処置という流れになります。
上物を自費の物(例えばジルコニアクラウンや20K金合金クラウン)にしようと決められた場合、土台作りから自費となります。
ですからこの根の治療が終った段階で最終的な上物を保険で作るか自費で作るかを選択して頂く事になります。
上物を保険で白い歯(CAD/CAM冠)にしたい場合は以下の治療に続きます。

4日目

再診+明細書発行体制等加算
支台築造(ファイバーポスト直接法)小2本

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約1,200円
  • 約400円

5日目

再診+明細書発行体制等加算
失PZ非金属冠(CAD/CAM冠)
連合印象
BT

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約2,300円
  • 約1,200円

6日目

再診+明細書発行体制等加算
CAD/CAM冠
装着(装着料+CAD/CAM冠内面処理加算)
装着材料I レジン系
クラウン・ブリッジ維持管理料

  • 3割負担
  • 1割負担
  • 約5,500円
  • 約1,800円

4日目以降お支払い金額の合計3割負担の方で約9,000円、1割負担の方で約3,000円になります。
1日目からトータルでは3割負担の方で約13,800円、1割負担の方で約4,600円になります。

これは1ヶ月でとんとんとんと治療が進んだ場合ですので、月をまたいだりすると歯科疾患管理料が加算されたりします。
今回は白い歯に拘りましたが金属で上物を作る事もできます。その場合は3割負担でトータル約9600円、1割負担で約3200円になります。