セレック導入しました

更新日 : 2018/10/13

皆さんこんにちは。奥瀬歯科医院 院長 奥瀬敏之です。

9月にデンツプライシロナ社のセレックを導入致しました。
これにより、セラミック、ジルコニアの詰め物、被せ物、被せ物を連結させたブリッジがより早く、お安く提供できることになりました。

よく1dayトリートメントと言われますが、全ての患者さんが初診で来て、当日或いはその次の日にセレック制作物が装着できるわけではありません。むし歯になっていたり、歯の根の病気になっていた場合は、しっかりとそちらの治療を終ってからでないと、装着してもまた病気になってしまっては元も子もないので、治療をする時間を頂きますので、ご了承下さい。

いずれにせよ、今まで苦しい型取り作業を行い、技工所に依頼して噛みづらい状態で1週間程待って、高い費用を払う必要があった物が、楽に記録がとれ(型取り)、完成まで短く、お安くできますので、患者さんのメリットは大きいかなと思います。ジルコニア(セラミックより一般に硬い材料)を使用した製作物も製作可能ですので、前歯だけでなく後の歯の製作物も製作可能です。

見た目を気になさる方、安く詰め物、被せ物を装着されたい方はご相談下さい。

お値段は
セラミックの詰め物(インレー)は35000円
セラミックの被せ物(クラウン)は75000円になっております。    
ちなみに今年一杯はさらにお安く提供させて頂いておりますので、気軽にご相談下さい。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

更新日 : 2018/01/08

随分久しぶりの更新になってしまいましたが、新年明けてしまいました。
昨年12月から診療時間だけでなく、それ以外の時間も予約で埋まる事が多々
ありまして、ブログまで手が回りませんでせんでした。申し訳ありません。
_(._.)_

昨年12月は18日に都立農産高校の2年生に保健指導を行ったり、年末調整の
ための書類集めたり、就業規則を手直ししたりと診療以外の作業が多かった
ような気がします。そういえば昨年6月位から計画していました在宅診療も
初めて依頼がありまして、始めることができました。そのために必要な書類
の数もかなり多く、介護保険という医療保険とはまた違った性質の物を理解
しなければ作成できないので、記憶力の落ちている私にはなかなか大変な作
業でした。ちょっとずつですがみなさんに迷惑にならないような体制作りを
していきたいと思います。

今月6日には午後休診させて頂いて、「周術期口腔ケアにおける医科歯科連
携推進事業 研修会」を拝聴するために武蔵境まで行ってまいりました。昨年
から受けたいと思っていた研修会なので、やっと受けられたという感じです。
終ってすぐテクノプラザかつしかへ向かい、歯科医師会主催の「先輩に感謝
する会」に出席させて頂きました。もう会は開始していたため、超特急の移
動でなかなかハードでした・・・。周術期口腔ケアは病院に勤める歯科医師
が学ぶだけという時代ではないという事ですね。がんの治療をしながら生活
する人が増えている状況で、その際に起こる口腔内症状に対処するのも、開
業医の仕事というわけですね。連続した2回目の研修会も19日にあるので、
頑張りたいと思います。
 

久々の更新です

更新日 : 2017/12/11

奥瀬歯科医院 院長の奥瀬敏之です。

やっとレセプトの提出作業が終わり、9日土曜日の診療後に忘
年会を行いました。スタッフの娘さんも含めて4人で、近くに
ありますイタリ家料理「マルショ」に行ってきました。まだ
佐々木さんの歓迎会もやっていなかったので、4ヵ月遅れの歓
迎会&忘年会となりました。娘さんと長く話をしたのは初めて
でしたが、お二人とも自分の将来を考えている時期のようで
す。私は応援しか出来ませんが、後悔をしない道を歩んでいっ
て欲しいですね。美味しい肉料理を出して頂いて、全員満足
して帰ってきました。

10日日曜日は、認知症の人に対する食支援と言うことで、大
山にある健康長寿医療センターで講演を聞いて参りました。
アンケートが問題形式で5枚ほどあり、ちょっと焦りました…
大阪大学の野原先生の講演は、目からうろこと言いますか、
初めて知ることが多く、今後の在宅診療や地域連携における
他の医療関係者とのディスカッションで、役立ちそうな内容
でした。大阪弁でユーモアたっぷりに話されていたことも、
聞きやすかった理由かもしれません。いずれにせよ、脳卒中
患者とは視点を変えて、栄養支援をしっかりとする方が、患
者さんやその介護者にとっては意味のあるケアになりそうな
気がします。

写真はお昼に食べた「モリス」と言うラーメン屋さんの中華
そばです。あっさりしたベーシックな醤油味の中華そばでし
たが、美味しかったです。